講演録〜鳥類医療の今:なぜ、鳥を診るセンセイがいないのか?〜

1680
870円(税込)
個数

商品詳細


お一人さま1回のご注文で、3冊までお求めいただけます。

鳥類医療の現在に切り込んだ講演録。
B5全11ページ、フルカラー。




2018年7月9日に、とりきち横丁札幌店主催で行われた、愛鳥家のための勉強会第1回「鳥類医療の今−なぜ、鳥を診るセンセイがいないの?」(浅川満彦 酪農学園大学獣医学群教授)の講演録です。

浅川満彦教授は、英国王立獣医大学大学院で野生動物医学専門修士課程を修了されており、本講演では、海外の獣医学教育と対比させながら、日本の獣医学教育について、鳥類医療が欠落していること、その原因、今後についてお話くださっています。

こちらのブログでもご紹介しています。